ご予約・お問い合せ

 047-424-7083

開室時間 10:00〜18:00

定休日 木曜日・日曜日・祝日

メールでのご予約・お問い合せ
   *24時間受付しております

対面カウンセリングのご予約


電話カウンセリングのご予約


その他のお問い合せ


〒273-0005
千葉県船橋市本町4-43-5-202

女性の為のカウンセリングルーム
「私の居場所」



主要駅からの所要時間(船橋まで)

JR船橋駅・京成船橋駅・東武船橋駅
から近いカウンセリングルームです。

<JR総武線快速>

錦糸町19分 新小岩14分 
市川6分 津田沼4分 稲毛12分千葉16分 佐倉37分 

<京成線特急>

八幡6分 八千代台12分 
勝田台16分 佐倉26分 
成田35分 千葉23分(津田沼乗換)

<東武野田線>

新鎌ヶ谷14分(新京成電鉄・北総開発線連絡駅) 
柏30分(JR常磐線連絡駅) 
松戸41分(新京成・新鎌ヶ谷乗換)

※電車により異なりますので、あくまでも目安としてください。

詳しい乗換案内はこちら

心理カウンセリング千葉|女性カウンセラーによる女性専用のカウンセリング




ようこそ! 私の居場所へ



千葉県船橋市の女性専用の心理カウンセリング


女性の為のカウンセリングルーム「私の居場所」のホームページです。



「私の居場所」の紹介と共に

「カウンセリングとは?」どのようなものなのか

知っていただきたく、カウンセリングにつきましての

各種項目を用意させていただきました。


おそらく、カウンセリングとはこんな感じといった

漠然としたイメージは持たれていましても

今一つ、はっきりしない、よくわからないのが

カウンセリングではないでしょうか。


そして、半信半疑のお気持ちのまま

カウンセリングを受けられる方や

カウンセリングを受けるのを躊躇される方が

多いのではないかと思います。


カウンセリングの場は

プライベートでよりデリケートな空間でありますので

通常、相談者以外の方が

カウンセリングの現場を見ることもないですし

率直な体験談や口コミをされる方も少なく、知りたくても

情報が得られにくいのが、カウンセリングであったりします。


そのようなカウンセリングへの不安や疑問が、少しでも軽減されますよう

「私の居場所」のホームページを書せていただきました。

どうぞ、気になるところからお入りください。


                                                          

はじめに、私の居場所のカウンセリングについてのご案内です。


女性専用です。

   女性カウンセラーによる、女性の為のカウンセリングルームです。

   男性の方は申し訳ございませんがお断りしております。

個人カウンセリングのみ行っております。 

   ご夫婦やご家族などの複数の方のカウンセリングは行っておりません。

   お一人で来室できる高校生以上の方を対象としております。

   付添の方及びお子様連れの方はお入りできませんので、ご了承願います。

対面カウンセリング電話カウンセリング、2つのカウンセリングメニューがございます。

   それぞれの詳しい説明は、各項目をご覧ください。

カウンセリング料金
 
   初回80分8000円 二回目以降50分3000円
 
   気軽にカウンセリングをご利用していただけるように、低料金で行っております。

   特に継続の方におかれましては、開業当初からの低価格を維持しております。

「私の居場所」の歴史
  
   2002年9月、千葉県船橋市のJR船橋駅徒歩8分の事務所からのスタートでした。

   2013年4月、現在の千葉県船橋市のJR船橋駅徒歩5分の1Kのお部屋に引っ越しました。

   誰かに話を聴いて欲しい、そんなとき、気軽にご利用できるカウンセリングルームです。
 

カウンセリングのスタイル


カウンセリングで扱うご相談内容は、自分自身の性格や対人関係、仕事や将来のことなど、多岐にわたります。

けれども、それらの悩みが発生している源には、物事の見方や受け取り方といった

認知に辿り着く点におきましては、共通しているのを実感してきました。

そのため、当ルームでは、特定の分野に特化したカウンセリングは行っておりません。

そして、カウンセリングを進めていくうえでの、ベースにあるものは

近年普及しつつあります、認知行動療法に通じておりますが

認知行動療法は、認知に的を絞って、取り組んでいくのに対しまして

当ルームでは、話の流れに添いながら対話の中で、行っていきます。


どのような認知をされていて、それによってどのようなことが起こっていて

またそのような認知は、どのような経緯から生じているのか、といったことなどにつきまして

お話を伺っていき、自分自身についての気づきのプロセスをカウンセラーと共有していきます。

一刻も早く変わりたい!と、カウンセリングで変化する自分を強く求めている方には

話をしているだけのようにも、感じられてしまうかもしれません。

ですが、急激な変化は心の抵抗やリバウンドのリスクも同時にありますので

変化は急かすものではなく、流れに添うのが無理のないこと、といった思いに至り

現在のカウンセリングスタイルで行っております。

カウンセラーの姿勢


カウンセラーのことを先生と呼ばれる方もいらっしゃいますが

先生と言われる方は、その道では自分よりも経験も知識もあって

同じ立ち位置にいる人ではなく、高い立ち位置にいる人でありますよね。

そのような立場とカウンセラーが異なりますのは、基本姿勢が伴走者であり、対等な存在であるところです。

相談者の方は、現在抱えている悩みを何とかしたくて、カウンセリングに来られるのですが

例えば「職場の上司のパワハラに悩んでいます。どうしたらよいのでしょう?」と聞かれ

カウンセラーが過去の事例から、「それは、こうすればいいんですよ」とアドバイスをしたとします。

それですんなりと、受け入れることのできる人の方が、まれなのではないでしょうか。

頭ではそうすればよいことを理解はしても、そう容易にはいかないのが自分の心だったりしますよね。

(もし心がたやすく受け入れることができるならば、本屋に沢山並んでいる悩み解決本を読めば済んでしまいます。

けれど、それで解決とはいかないために、カウンセリングに来られるのではないでしょうか)

悩みの内容は同じであったとしましても、他の誰とも同じでない唯一無二の、その方にとっての悩みである

ことに意味があると思うのです。


簡単に扱われてしまいますと、「この人にはわかってもらえない」といった気持ちが強くなり、心が閉じられてしまいます。

そうなってしまいますと、いくらカウンセラーが過去の同じ症例の経験から、力説しても独りよがりに過ぎなくて

相談者の気持ちとは離れていってしまいます。

カウンセラーの経験があるといったことが、返って仇になってしまいかねず、必ずしも経験豊富なカウンセラーが

よいとはいえないところでもあります。

経験が増えるほどに、知ったつもりになってしまう落とし穴に、気をつけなければならず、そのためにも

先生といった立場ではなく、「あなたのことについて、わからないので、聴かせてください」といった

姿勢できかせていただきます。

そうして聴かせていただくことでカウンセラーの中にも、あなたという方の輪郭が少しずつ見えていきます。

アドバイスをする場合は、この状態になってからになります。

また、励ますことや導くことも必要と感じたときには、少し前に行くこともあるかもしれません。

けれど、今はそのタイミングではないと感じたならば

また伴走者として、寄り添っていく・・・そのような姿勢を心がけたいと思っておりますので

カウンセラーに対しての呼び方につきましては、どうぞ名前で読んでください。

       

                                 ↑ページのトップへ



トップ  対面カウンセリング  電話カウンセリング  「私の居場所」と私  場所のご案内  

お問合せ  はじめに  カウンセリングについて  カウンセリングの誤解  カウンセラーへの誤解 

カウンセリングの領域  カウンセリングとその他の療法  カウンセリングで扱う悩み  

初回カウンセリング  二回目以降のカウンセリング  カウンセリングの終了  

カウンセリングで訪れる壁  カウンセリングの効果  カウンセリングQ&A  カウンセリング関連集